カナダ リフレクソロジー体験記




今回の体験は、首都のあるオンタリオ州のオタワにて
リフレクソロジーの体験をして参りました。

人口は約50万人の各国の大使館や領事館のある国際都市です。

イギリス圏とフランス圏の境界にあり、両文化が交わる
歴史を感じる建物が、多く残る落ち着いた雰囲気の街です。




カナディアン リフレクソロジー

カナダでは、ライセンス制度があり、リフレクソロジーは、2年間学んで資格を取得するのだそうです。

担当の女性は、40代くらいでしょうか・・他の仕事から、3年前に、この資格を取得し転職したのだそうです。

お部屋は、完全な個室です。ほのかに香るラベンダーが、ゆったりとした気分にさせてくれます。リクライニングのイスではなく、マッサージテーブルの上でのトリートメントでした。

まず、はじめに足の消毒(?)を行います。アルコールの含まれているコットンで、足全体を拭きます。

部屋の照明を少し、暗めに落として、リラックスしやすい環境を作ります。

マッサージに入る前に、施術者は、足に手を当て、呼吸を合わせます。

そして、オイルを塗布してマッサージに入ります。タッチは、ごくソフトで、軽擦法が中心の手技に、指圧が入ります。じゅう捏法も、やわらかく優しい感じでした。

「もう少し、強くても良いかなぁ・・」などとも思いましたが、ゆったりリラックスしてウトウトしているうちにトリートメントが終了しました。

「少し休んでいいのよ(英語)」と、言うような感じの言葉とともに、部屋の明かりをオフにして退室します。

「あれ?迎えに来てくれるのかな??」と、英語の堪能ではない私は、退室のタイミングがわからず、10分位してフロントに戻ると、「リラックスして寝てしまったのね」と、言われてしまいました(^^;

店内は、薬局(ホメオパシーやフラワーエッセンスなどの自然療法薬)があり、専門の方が、カウンセリングしてくれるそうです。

棚には、たくさんの自然療法薬がずらりと並んでいました。店内の写真が撮る事が出来なかったのが残念でしたが、日本と同じ様に流れていると思えない、ゆったりしたひとときを過ごすことが出来ました。

                        2002年8月   (M.N)
















直線上に配置

健康と美容の情報発信基地『ナチュラルセラピー研究会』