直線上に配置
     

フラワーエッセンスセラピーとは?

野生の花を用いた、この療法(バッチ・フラワー・セラピー)を確立したのは、イギリスの医師であり、細菌学者でもある「エドワード・バッチ博士」です。

バッチはかせは、
花の持つエネルギーが、人のマイナスの感情をやわらげ、ポジティブに変えていく力があることを発見したのです。博士の願いは、医学教育を受けていない一般の人でも、実践できるようにしたいということでした。

用いるフラワー・レメディは、自生する植物や樹木の花から作られ、有害であったり、常用癖をもたらすことは、ありません。これらは、直接身体の病気に対してではなく、悩み、恐れ、怒り、不安といった心の状態や、気分に応じて処方されます。

悩みや恐怖の状態が続くと、体力の消耗が、起こります。そして、本来身体に備わった、病気に対する抵抗力も失われ、感染症や疾患に転じやすくなります。

バッチ博士は「治療が必要なのは、病気ではなく病んだ人々の心)だ」と、植物のもつ癒しのエネルギーに着目し、この療法を確立したのです。


バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディの使用方法

Dr.バッチの38種のフラワーレメディ

ペットのためのバッチフラワーレメディ



その他のフラワーエッセンス

マスターズフラワーエッセンス




    
 
アロマセラピーとは?
リフレクソロジーとは?
タラソセラピーとは?
クレイセラピーとは?
ストーンセラピーとは?
フラワーエッセンスセラピーとは?
タイ古式マッサージとは?
Mika'sブログ
ハーブティの香りに誘われて…
 
ナチュラルセラピー
エルフレンテ
ブログ
ナチュラルセラピー
研究会の部屋
ナチュラルセラピー
研究会オフィシャル
ブログ




ナチュラルセラピー生活

直線上に配置

健康と美容の情報発信基地『ナチュラルセラピー研究会』