特定非営利活動法人ナチュラルセラピー研究会


  永田先生のダイエットコラム



第2回 秋のダイエットチャンス到来!

健康にも美容にもダイエットにも代謝を活発にすることが大切です。

基礎代謝は、人種、性別、体型、環境、気温、生活、活動量などによって異なりますが同じ人でも生活状況や食事内容及び季節や精神状態によっても異なります。

夏期は暑いせいで身体も火照り汗もかきやすいので基礎代謝が高いと思われがちですが、実は外気温が高いので体温を保つための熱の発散が必要ないおかげで代謝はかえって低くなっているのです。反対に冬期は外気温が低いので体温保持の為に体内からの熱の発散が活発になり、基礎代謝は高くなるのです。

身体は体重を一定に保つために基礎代謝の季節変動に合わせて自動的に食事量や活動量を調節しています、つまり気温の高くなる夏には食欲を抑えて基礎代謝が低くなった状態でも太らないように調整し、気温の低くなる冬には基礎代謝が活発になるために食欲旺盛にして痩せないように調整している訳です。

例えば暑い夏にはそーめんだけで過ごせても寒い冬にはそう言う訳にはいかず、高カロリーの天ぷらや鍋物が食べたくなるのもそのためです。

しかしダイエットを目指す多くの方々は食欲が抑えられる真夏が近づくとチャンスとばかりにますます食事を制限してダイエットに励む傾向がありますが思ったように体重が減らないばかりか倦怠感・疲労やむくみが出たり、ダイエット達成したのも束の間、あっという間のリバウンド…と言った体験をお持ちの方も多いのではないでしょうか!

こんな夏を過ごした後、秋になると食欲も増し更に体重も増えてしまうということにもなりかねません。

本来ならば秋から冬にかけて気温の低下と共に基礎代謝も徐々にアップし、身体活動も活発になりやすく、食欲が増えたところでその分が体熱として発散するので体重は維持されるはずなのです。

ところが間違った夏のダイエットのおかげで筋肉組織が減り、交感神経の活動も低下した状態では基礎代謝の季節変動が不調となり体重のコントロールが出来なくなります。

夏にダイエットしてこんな状態に心当たりがある方は要注意!
“食欲の秋”は“スポーツの秋”とも言われるように1年を通して最も活動的になれる季節でもあります。

そして冬に向けて最も代謝が高まりやすい季節でもあります、むしろダイエットには9月・10月・11月の3ヶ月間が絶頂期です、このチャンスを生かさない手はありません。

今日から私が勧める低インシュリンダイエットに沿った食生活と共に今すぐ出来る運動生活習慣を作りましょう。
例えば、起床時にベッドで背伸びをしてストレッチ、歯磨きしながらゆっくり踵の上下運動、そしてしっかり朝食は食べる、駅までは早歩きで…これだけでも1日の代謝がみるみるアップします。

特に交感神経が活動的になり始める朝、少しでも運動をしてドキドキと心拍数を上げることはとても効果的です。


                                                        2006年9月18日
                                                    (株)TNヘルスプロジェクト
                                                            永田 孝行






永田先生のダイエットコラムトップページ




健康と美容の情報発信基地『ナチュラルセラピー研究会』