直線上に配置
     


ストーンセラピーとは?

ナチュラルセラピーで行われるポピュラーなストーンセラピーは、大きく分けるとホットストーンセラピーパワーストーンセラピーの2つに分かれます。

ホットストーンセラピー

ホットストーンセラピー
は、温かい天然の石(ストーン)とオイルを使ったトリートメント法です。

大きめのストーンを体の疲れの出やすい背中(肩・肩甲骨・腰)に並べたり、足裏や手のひらに置いたり、足の指に小さなストーンを挟んだり、温めたすべすべのストーンをオイルを塗布した体の上で滑らせ、筋肉の流れに合わせて全身トリートメントマッサージを行います。

ストーンの遠赤外線効果により、温かさが身体の奥深くまで浸透し、温泉入浴後の温浴効果ように血液やリンパの流れを活発にし代謝を高めます。

そして、ストレスや疲れによる筋肉の緊張を緩和、自己治癒力を高め、心身の調和と浄化を促進します。肩こり、冷え性、不眠、腰痛、むくみ、目の疲れなど、現代社会の様々なストレス症状を緩和手助けをしてくれるのです。

使用する石は、特に限定されてはいませんが、アメリカのアリゾナやハワイのマウイ島の火山流から地表に噴出したマグマが急速に冷えて固まってできた、火成岩(玄武岩)が多く使われます。玄武岩は、鉄分やマグネシウム分などの鉱物を40%〜70%も含む苦鉄質火山岩で、全体の色は黒っぽく艶があります。組織の密度が高いため熱が冷めにくく、遠赤外線効果高いので体の深部までじんわりと温かさを伝えることができるのです。

火成岩はおもに海底をつくっている岩石でもありますので、まさに地球そのもののエネルギーを受けている・・と、言えそうですね!


お家で気軽にストーンセラピー

お湯で温めたホットストーンを使って、オイルを塗布し、マッサージしてみましょう。
触ってみてヒンヤリとする箇所、押すと痛く感じるところ(慢性の筋肉疲労)には
特に効果的です。ストーンをすべらせるようにマッサージしてみましょう。



パワーストーンセラピー

パワーストーンセラピー
は、ジャムセラピー(ジェムヒーリングなどとも呼ばれる、天然の石の持つ個々のパワーを生かしたナチュラルセラピーです。

天然石には、太古の昔から神秘的な力があることで知られています。古くは御守りとして身に付けていたり、ギリシャ医学では病気の治療にも用いられていました。

現在でも伝統的な中国医学やアーユルヴェータ(インド)などには「石薬」の伝統が残されています。

ジェム・エッセンスとして、石のエネルギーを水に転写した製品も数社より発売されていますし、水晶水などは、家庭でも気軽に作ることが可能です。

オイルにストーンのエネルギーを転写したジェムオイルでのトリートメントも行われています。

最近人気のローズクオーツは、愛情の石として有名です。個人的にも、天然石が大好きで、ブレスレットやストラップにして身に付けていました。

以前、石の意味も知らない時に、どういう訳かアメシストを身に付けていたいと感じる時がありました。実はこの時、炎症があって沈静が必要だったのですが、アメシストは、まさにうってつけの石だったのです。

その他にも、無意識に選んでいた石が、その時々に自分に必要であった事を後で知り、驚きました。

一つ一つの石には独特の力があり、人々はその力によって幸せを掴みたいという思いから様々な石を身に付けたり部屋に飾ったりして、特別なものとして接してきました。 

石には時代を問わず人を惹きつける魅力があります。それは、石そのものが固有の輝きやパワーを持っていて自らの力によって輝いているからです。




各ストーンの特性

天然石の浄化法

ストーンの形の意味

12星座の守護石

誕生石




    

 
アロマセラピーとは?
リフレクソロジーとは?
タラソセラピーとは?
クレイセラピーとは?
ストーンセラピーとは?
フラワーエッセンスセラピーとは?
タイ古式マッサージとは?
Mika'sブログ
ハーブティの香りに誘われて…
 
ナチュラルセラピー
エルフレンテ
ブログ
ナチュラルセラピー
研究会の部屋







































ナチュラルセラピー生活

直線上に配置

健康と美容の情報発信基地『ナチュラルセラピー研究会』